野中郁次郎(24)一橋大に復帰 複数の共同研究を並行 戦争研究も続け、多数の書籍執筆

2019/9/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

私は自分の能力には限界があると考え、人の助けを借りながら研究に取り組んできた。自分にないものを持つ人と積極的にペアを組む。

そんな相手の一人が紺野登である。英サッチャー政権がデザインを重視する戦略を打ち出したのを受け、博報堂は「デザインの視点からマネジメントを考える」というプロジェクトを立ち上げた。担当者が紺野で、「知識創造」の概念を頭に入れて、アプローチしてきた。彼には、概念を絵や図にする才能…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]