貿易と投資、同時減速 米中摩擦、製造業に影
変調・世界景気 リスクを探る(上)

2019/9/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

世界景気の変調を示す指標が増えている。貿易戦争による企業心理の悪化で、米国で製造業の景況感が3年ぶりに「不況」に転落した。中国はIT分野を中心に生産が急減速する。金融危機後、10年越しの回復局面にあった世界経済は貿易と投資の同時減速に見舞われる。景気が下振れするかは、いまのところ底堅い消費と雇用の耐久力にかかっている。

米中西部デトロイト近郊の「グレート・レイクス製鉄所」。運営するUSスチールは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]