「嫌香港」中国本土で拡大
若者が過激化/「大陸をばかに」 感情的な対立深まる

2019/9/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【香港=高橋哲史】香港で過激な抗議活動が続くなか、中国本土で香港人に対する感情が悪化している。「逃亡犯条例」の改正案をきっかけとする抗議の矛先が中国に向かい、同じ中国人なのに「香港人は大陸の人間を下にみている」と感じる人が増えている。香港の若者らは「自分たちは中国人でない」との主張を強めており、双方の感情的な亀裂は深まるばかりだ。

21日の夜に香港島の繁華街、銅鑼湾の電器店で商品を眺めていると、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]