外国出身先発、過去最多8人 日本代表

2019/9/21付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

地元開催のW杯開幕戦に、日本代表は8人の外国出身選手が先発し、過去最多を更新した。ニュージーランド生まれのリーチ主将(東芝)は高校から日本に留学して流ちょうな日本語を話す。日本代表初の4大会連続出場を果たしたトンプソン(近鉄)は関西弁を巧みに操る。国際化をいち早く実現し、日本の未来を先取りしたようなチームはその強さを発揮して勝利を収めた。

ラグビーの代表は国籍に縛られない。36カ月の継続居住など…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]