検察事務官を在宅起訴 強要罪などで東京地検 検事と偽り知人脅す

2019/9/21付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

東京地検は21日までに知人を脅迫して書面に署名させたり、虚偽の捜査書類を作成したりしたとして、同地検の菅野秀一・検察事務官(48)を強要と虚偽公文書作成・同行使の罪で在宅起訴した。地検は20日付で菅野被告を懲戒免職処分にした。

関係者によると、菅野被告は周囲に身分を検事と偽り、脅迫された相手も同被告を検事と思い込んでいたという。

起訴状などによると、菅野被告は6月上旬、知人の医療情報企業の社長が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]