今平2位に後退

2019/9/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

シンハン・ドンヘ・オープン(20日・韓国・ベアーズベストチョンナGC=7238ヤード、パー71)

1位から出た昨季国内賞金王の今平周吾は70で回り、ポール・ピーターソン(米国)らとともに通算6アンダーの136で2位となった。首位は通算8アンダーのスコット・ビンセント(ジンバブエ)。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]