南海電鉄、今期業績に影 人気特急の台車に亀裂、交換へ 韓国客急減も懸念材料

2019/9/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「鉄人28号」の青い鉄かぶとを思わせるフォルムで人気がある南海電気鉄道の特急「ラピート」。8月下旬に台車に亀裂が見つかる重大インシデントがあったが、気がかりなことがもう一つある。日韓関係の冷え込みで韓国からのインバウンド(訪日外国人)が減り、業績にブレーキがかかりそうなのだ。

インバウンドの玄関口、関西国際空港と大阪・ミナミを結ぶラピートは9月に運行開始から25周年を迎えた。4日から始発ターミナ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]