JT曇らす「嫌煙」投資家
株価、7年ぶり安値水準 「加熱式」出遅れ響く

2019/9/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

煙のない社会を、ここ日本で――。米フィリップ・モリス・インターナショナル(PMI)が加熱式たばこ「IQOS(アイコス)」のキャンペーンで紙巻きたばこからの撤退を表明してから2年余り。アイコスは一時品薄になるほどのブームになった。それに対し、日本たばこ産業(JT)がようやく2018年夏に全国発売した加熱式「プルーム」のシェアは約1割にとどまっている。

アイコスは4月、米国食品医薬品局(FDA)から…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]