ガソリン離れ、東京が突出 カーシェア普及など背景

2019/9/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

人口減や自動車の燃費改善で年率2%近く消費が減るガソリン。地域別でみると東京の減少幅が突出して大きい。石油元売り再編の影響に加え、カーシェアの普及や高齢者の車離れなど社会的な変化が背景にある。

石油連盟(東京・千代田)によると、東京の7月のガソリン販売量は約42万4千キロリットルと、2014年7月に比べて25%減った。同期間の日本全体の減少率は10%だ。

「東京周辺は製油所が集中し、元売り再編の…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]