/

この記事は会員限定です

難解な軽減税率、消費者混乱 企業の機運高まらず

[有料会員限定]

金沢商工会議所の安宅建樹会頭(北国銀行頭取)は、消費増税の対応が遅れている原因として「軽減税率制度の仕組みが分かりにくいことがあるのではないか」と指摘する。

企業は増税で売り上げが落ち込まないようにとさまざまな対策を打ち出しているが、多彩な対応がかえって消費者を混乱させる面もあるようだ。

長野県でスーパーを2店舗経営するタケダストアー(同県諏訪市)は10月から、キャッシュレスで支払った客に代金の5%のポイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り391文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン