噴火の西之島で海鳥や昆虫確認 環境省の上陸調査

2019/9/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

噴火で生態系がほぼなくなった小笠原諸島・西之島(東京都)を上陸調査した環境省などのチームは、噴火前に生息した海鳥9種のうち5種の繁殖を確認し昆虫やカニなど多数の生物を見つけた。代表の川上和人・森林総合研究所主任研究員は「小さいながら生態系が維持されていた。今後も島の生態系ができる過程を調べたい」と話した。

海鳥の調査では、噴火後初めてオナガミズナギドリのひなや卵が見つかり、夜に成鳥400羽以…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]