20歳・湯浅、ブレイクダンス初代女王 世界アーバン大会 「格好良さ」を追求

2019/9/20付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

若者に人気の都市型(アーバン)スポーツを集めた第1回世界アーバン大会で、2024年パリ五輪での初採用が決定的なブレイクダンスは湯浅亜実が初代女王に輝いた。駒大3年の20歳にとって、昨年のダンスバトル世界大会、今年6月の世界選手権に続く栄冠。知名度が高まる通称「ブレイキン」で、世界が注目するダンサーだ。

ブダペスト市内の廃虚を活用した試合会場は、フロアを取り囲む観客の熱気に包まれた。DJやバンドに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]