商業地、浜松・熱海けん引

2019/9/20付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

商業地の平均変動率がプラスだったのは1位の熱海市(2.9%)、2位の浜松市(1.5%)など8市町。

上昇率トップ地点は浜松市中区中央2の10の22の7.4%で、1平方メートルの価格は2万円上がって29万円だった。浜松市は大企業の立地が多く雇用が安定しており、購買層が多いことが商業圏としての強みになっている。

ただ、浜松市の調査を担当した不動産鑑定士の松島芳知氏は「相続税対策や資産保有目的で購入す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]