スウェーデン大手3社、水素で鉄鋼生産目指す CO2排出ゼロ

2019/9/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

鉄鋼生産の常識を覆す取り組みが北欧スウェーデンで始まった。同国鉄鋼大手SSABなど3社は、石炭(コークス)などの化石燃料を使わず、かわりに水素を使う新製法を2035年に実用化することを目指す。二酸化炭素(CO2)の排出をなくすのが目的で、実現すれば多排出産業の鉄鋼業にとって革命的だ。

スウェーデン北部のルーレオ。製鉄所の一角で白い鉄骨が組み上げられていた。つくっているのは製鉄設備だ。20年半ばに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]