米ヘッジファンド、カリスマ不在の時代へ
創業者引退相次ぐ 運用、「勘」からAIに

2019/9/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ニューヨーク=伴百江】米ヘッジファンドの創業者が相次いで引退している。好成績を残してきたカリスマ運用者がファンドを清算する例が目立つ。AI(人工知能)を使ったファンドの台頭で、「勘」や「センス」に頼った運用スタイルで勝ち続けることが難しくなった。ファンド業界はカリスマ不在の時代へ向かいつつある。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]