海面上昇 今世紀末に最大1メートル超 温暖化で10億人危機 国連報告案

2019/9/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

地球温暖化がもたらす影響について国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)がまとめる報告書の原案が判明した。温暖化ガスの排出削減が進まないと、北極の氷が解けるなどして今世紀末までに海面が最大1メートルを超えて上昇すると予測した。高潮や洪水によって世界の10億人が危機にさらされ、2億8000万人以上が家を失う。

影響は世界の科学者が最新の研究にもとづいて分析し、報告書にまとめる。原案は各国政府…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]