ラグビーW杯、消費に勢い 20日開幕
4300億円効果見込む チケット95%販売

2019/9/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

4年ごとに開かれるラグビーワールドカップ(W杯)の日本大会が20日、東京スタジアム(東京都調布市)の日本対ロシア戦で開幕する。11月2日の決勝まで1カ月半にわたる大会には20チームが参加し、海外からも多くの観客が訪れる。大会組織委員会は経済効果を4300億円と見込んでおり、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]