ユニコーン熱狂に転機 ウィーワーク上場延期
投資家、事業の質選別

2019/9/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ニューヨーク=宮本岳則】未公開の急成長企業「ユニコーン」の上場ブームに転機が訪れた。シェアオフィス大手「ウィーワーク」を展開する米ウィーカンパニーが新規株式公開(IPO)延期に追い込まれた。赤字脱却が見えないまま規模拡大に突き進む経営戦略、経営者に甘い企業統治――。未公開市場のカネ余りが規律の緩みにつながり、上場株を売買する投資家の許容範囲を超えた。今後は事業の「質」で選別が進みそうだ。

ウィ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]