/

この記事は会員限定です

ユニコーン熱狂に転機 ウィーワーク上場延期

投資家、事業の質選別

[有料会員限定]

【ニューヨーク=宮本岳則】未公開の急成長企業「ユニコーン」の上場ブームに転機が訪れた。シェアオフィス大手「ウィーワーク」を展開する米ウィーカンパニーが新規株式公開(IPO)延期に追い込まれた。赤字脱却が見えないまま規模拡大に突き進む経営戦略、経営者に甘い企業統治――。未公開市場のカネ余りが規律の緩みにつながり、上場株を売買する投資家の許容範囲を超えた。今後は事業の「質」で選別が進みそうだ。

ウィー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1291文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン