アジアVIEW投資求め日本に秋波 中国の地方、貿易戦争に焦り

2019/9/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

中国の地方政府が日本企業に投資や進出などを求め「ラブコール」を送っている。米国との貿易戦争が経済に悪影響を及ぼすなか、日本との連携に活路を見いだそうとしている。先頭に立つのが、「親日の街」と呼ばれる東北部の遼寧省大連市だ。

大連市で10月17日、中国で珍しい日本の食品を専門に展示販売する施設が開業する。建物は4階建てで、現地で人気の菓子や酒、海産品などを並べる。中国国有食料大手、北京首都農業集団…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]