日本取引所、先物取引を祝日も 海外マネー呼び込む 21年にも

2019/9/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本取引所グループ(JPX)は2021年にも、デリバティブ(金融派生商品)の祝日取引を実施する方向で検討に入った。海外に比べて少ない日経平均先物などの取引日数を増やす。世界の株式市場の連動性が高まるなか、海外マネーの取り込みにつなげる。

近くJPX傘下の大阪取引所が証券会社などと祝日取引の開始に向けて協議を始める。大阪取引所が取引システムを変更する2021年秋以降に導入する。夜間取引やオプション…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]