確定拠出年金、手数料下げ競争
「日本株連動」10年で1割強低く 老後に備え、投資追い風

2019/9/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

確定拠出年金(DC)の運用に使う投資信託の手数料が下がっている。野村アセットマネジメント(AM)やニッセイアセットマネジメントが相次いで引き下げを決めるなど、日本株に連動する投信の手数料は10年で1割強下がった。加入者の拡大と情報開示の強化で金融機関の競争が激しくなっている。老後に備えた長期投資に向けた追い風となりそうだ。

ニッセイAMは10月から国内外の債券や株式で運用するDC向けの投資信託9…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]