福岡・札幌・仙台の伸び顕著 基準地価
人口減で25県は下落 都心の一部に一服感

2019/9/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

地価回復の動きは三大都市圏から地方圏に広がってきた。19日発表の基準地価では地方の中核4都市が前年比6.8%上昇と大きな伸びを示した。一方、訪日客の恩恵や再開発の動きが乏しい他の地域は厳しく、地方圏全体は0.3%下落と依然マイナスだ。金融緩和マネーを引き寄せてきた東京都の中心部もここ数年の価格上昇への警戒感が出始め、一部で伸びの鈍化が見られる。(1面参照

札幌、仙台、広島、福岡の中核4都市は商…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]