/

この記事は会員限定です

親の財産、家族信託で管理 成年後見より制約少なく

ファイナンシャルプランナー 藤川太さん

[有料会員限定]

高齢の親がもし、認知症になったら財産管理が心配です。知人から「家族信託」という仕組みがあると聞いたのですが、どんなものなのでしょうか。

認知症患者の増加などに伴い、高齢者の財産管理が注目されています。家族間で私的な契約を交わし、親の財産を子供らが代わって管理するのが家族信託の基本です。認知症患者の財産管理では「成年後見」という公的制度もありますが、財産を守ることが主な目的のため、相続対策のために資...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り553文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン