サウジ石油生産「月内回復」 エネルギー相
供給懸念が後退 中東情勢なおリスク

2019/9/18付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【リヤド=岐部秀光】サウジアラビアのアブドルアジズ・エネルギー相は17日夜(日本時間18日未明)、サウジのジッダで記者会見し、何者かによる攻撃で大きな被害を受けた石油施設の状況について「9月末には日量1100万バレルの生産能力を回復する」と述べた。攻撃前の供給体制に早期に復帰するとの認識を示したものだ。

攻撃によって国営石油会社サウジアラムコは、全体の生産量のおよそ60%に相当する日量570万バ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]