文田気迫、2年ぶりV 世界選手権グレコ60キロ級
追い上げ一気、力を証明

2019/9/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ヌルスルタン(カザフスタン)=西堀卓司】レスリングの世界選手権第4日は17日、カザフスタンのヌルスルタンで行われ、男子グレコローマンスタイル60キロ級決勝で文田健一郎(ふみた・けんいちろう=ミキハウス)が昨年覇者のセルゲイ・エメリン(ロシア)を下し、2017年大会(当時59キロ級)以来2年ぶりに優勝した。グレコの日本勢で2度目の優勝は初めて。

女子は53キロ級の向田真優(至学館大)が18日の決…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]