WTO、機能停止寸前
米、次期委員選出拒む 事態打開へ改革機運も

2019/9/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

世界貿易機関(WTO)の紛争解決の仕組みが機能停止寸前の状態にある。過去の審理に不満を持つ米国が次期委員の選出を拒んでおり、審理に必要な委員の定数を満たさなくなる恐れがあるためだ。米国の自国中心主義などを背景に、WTOを舞台に2国間の紛争が増えている。こうした状況を打開しようと日米欧を中心にWTO改革の機運が出ているが見通しは立たない。

WTOは戦前の保護主義への反省から多国間での自由貿易のルー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]