AI不良品検知 理由説明 スカイディスク、まず車部品製造で

2019/9/18付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

人工知能(AI)関連の技術を開発するベンチャーのスカイディスク(福岡市)は、自動車部品の製造で不良品が発生する時期や原因を特定し、結果とともに判断理由を説明するAIを開発した。工場の管理者らに理由を伝えることで、工程の見直しや人員配置の効率化にもつながる。18日から名古屋市で行われる見本市で公開し、順次顧客の企業に提供していく。

新サービスは、製造業向けのシステム開発を手がけるトーテックアメニテ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]