/

この記事は会員限定です

中国、30年代に成長1%台も

国務院研・世銀 改革なしなら

[有料会員限定]

【北京=原田逸策】中国国務院(政府)のシンクタンク、国務院発展研究センターと世界銀行は17日、中国が技術革新(イノベーション)を通じて生産性を高めるように提言した報告書を公表した。中国が資源配分のゆがみを正すなどの改革を怠った場合、2031~40年の実質成長率が平均1.7%に落ちるとの試算も盛りこんだ。

報告書は「イノベーション中国」。2年にわたる共同研究の成果をまとめた。国務院発展研究センターと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り888文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン