敦賀火力2号機、異常検知で停止 北陸電、業績に影響も

2019/9/18付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

北陸電力は敦賀火力発電所2号機(福井県敦賀市)で異常を検知し、運転を停止したと発表した。同発電所は7月からトラブルで停止中の七尾大田火力2号機(石川県七尾市)と並ぶ管内最大の石炭火力発電設備。電力需要は夏場のピークを過ぎており供給に支障はないとしているが、さらなる業績の下押し圧力となる可能性がある。

16日にボイラーで異音を検知し、蒸気漏れの可能性があることから同日から運転を取りやめた。今後、点…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]