スケボー岡本ら、五輪メダル有力 女子パークで理事展望

2019/9/17付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【サンパウロ=共同】東京五輪の追加種目スケートボードのパークは、15日閉幕した世界選手権で今季の五輪予選対象大会3戦が終了した。日本代表を派遣するワールドスケートジャパンの宮沢武久理事は「女子は五輪で複数のメダルが見込める。男子は厳しいが、残り約11カ月の強化で可能性を見いだしてほしい」と五輪イヤーを展望した。

女子は岡本碧優(Proshop Bells)が全勝。現状で敵は見当たらず、独走状態だ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]