十字路借金とインフレを巡る誤解

2019/9/17付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

日本が抱える巨額の財政赤字について、多くの人々が誤解していることがある。物価が例えば2倍になれば、借金の返済負担は実質的に半減する。だから1千兆円を超える国の借金も「いずれハイパーインフレが起こって強制的に実質削減される日が来る」と信じている人が多いのだ。

財政赤字が膨らむとインフレになるのか。財政支出が拡大する結果、マクロで需給が逼迫して物価が上がることはありうる。しかし、その種の物価上昇は景…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]