近場の散歩、気分転換に 産業医 奥田弘美氏

2019/9/17付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

休日に効果的に疲労回復するにはどうすればよいのか。18社で産業医を務める奥田弘美氏に上手にリフレッシュする方法を聞いた。

――休日に疲れをためないポイントは何ですか。

「メンタルヘルスでは『3つのR』の実践を勧めている。レスト(休息)、リラクゼーション(安らぎ)、レクリエーション(気晴らし)だ。まず睡眠や食事といった『休息』を優先してほしい。平日に寝不足が続けば、休日にプラス2~3時間長く眠って…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]