米大統領、イラン関与示唆
サウジ攻撃「戦闘は避けたい」 イラン「イエメン勢力実行」

2019/9/17付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【ワシントン=中村亮、イスタンブール=木寺もも子】トランプ米大統領は16日、サウジアラビアの石油施設への攻撃を巡り「イランがきっと関与したのだろう」と述べた。イランのロウハニ大統領は同日、自国の関与については触れず、サウジが内戦に介入するイエメンの武装勢力による実行だとの見方を示した。サウジの生産半減で原油供給の先行きは不透明感を増しており、原油価格は上昇している。(関連記事総合面に)

トランプ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]