ドバイ原油14%高 NY15%高

2019/9/17付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

アジア市場の指標原油である中東産ドバイ原油のスポット価格が17日午前、大幅に反発し約4カ月ぶりの高値をつけた。取引の中心となる11月渡しは1バレル66.40ドル前後と前週末に比べ8.10ドル(14%)高い水準で推移している。

サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコの石油施設が14日、無人機の攻撃を受けた。供給懸念が高まり、前日のニューヨーク市場でWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]