原油4割依存、企業は警戒 サウジ施設攻撃
LNGへ波及焦点

2019/9/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

サウジアラビアの石油施設への攻撃について、日本企業が懸念を強めている。一定量の備蓄があるため当面の原油供給に不安はないが、急騰した原油価格が高止まりすれば、発電に使う液化天然ガス(LNG)の価格に波及する。原油を原材料とする化学品の生産に影響が及ぶ可能性もある。(1面参照)

原油輸入の入り口にあたる元売り各社は16日も情報収集に追われた。各社とも米国の制裁でイランからの輸入を停止し、サウジへの依…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]