/

この記事は会員限定です

原油4割依存、企業は警戒 サウジ施設攻撃

LNGへ波及焦点

[有料会員限定]

サウジアラビアの石油施設への攻撃について、日本企業が懸念を強めている。一定量の備蓄があるため当面の原油供給に不安はないが、急騰した原油価格が高止まりすれば、発電に使う液化天然ガス(LNG)の価格に波及する。原油を原材料とする化学品の生産に影響が及ぶ可能性もある。1面参照)

原油輸入の入り口にあたる元売り各社は16日も情報収集に追われた。各社とも米国の制裁でイランからの輸入を停止し、サウジへの依存...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り675文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン