/

この記事は会員限定です

サウジ石油の心臓部直撃 無人機、長距離飛行か

巡航ミサイルの可能性も

[有料会員限定]

【ドバイ=岐部秀光】イランが支援するイエメンの武装勢力フーシによる攻撃が、世界のエネルギー供給の心臓部ともいえるサウジアラビアの中枢施設に打撃を与えた。武器の購入に巨額を投じてきたサウジの防衛は無力さをさらけだした。世界で最も厳重なはずの防御を、アラブ辺境の武装集団が破ることができた背景には、無人機など兵器の飛躍的な技術進歩とコストの低下がある。

1面参照)

8月、フーシによるサウジのシャイバ油田...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り913文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン