原油供給リスク広がる サウジ「生産半減」
無人機攻撃、米は「イラン関与」主張

2019/9/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ドバイ=岐部秀光、ワシントン=中村亮】中東からの原油供給リスクが広がってきた。サウジアラビアのアブドルアジズ・エネルギー相は14日、国営石油会社サウジアラムコの石油施設に対する無人機の攻撃で生産が日量570万バレル減ったと述べた。世界最大級の石油輸出国サウジの生産量のおよそ半分で、世界の石油供給量の5%以上に相当する。サウジの石油生産(総合・経済面きょうのことば)の異変は中東産の供給体制の脆弱…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]