羽生、究極の3回転半 オータムCでSP首位 踏み切り前に「ひと味」

2019/9/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【オークビル(カナダ)=共同】フィギュアスケートのオータム・クラシック第2日は13日、カナダのオークビルで行われ、女子は昨季のグランプリ(GP)ファイナル覇者で今季初戦の紀平梨花(関大KFSC)がショートプログラム(SP)に続いてフリーも145.98点で1位となり、合計224.16点で優勝した。大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)―2回転トーループを決めた。

2018年平昌冬季五輪銀メダル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]