広島・松山3打点、G継投崩す

2019/9/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

▽…決勝点にこそからまなかったが、広島・松山の3打点が、総力戦での勝利の下地となった。2死無走者からつないだ六回、追い込まれながら左翼線を破り、逆転打とした。

2打席三振で迎えた打席で、しかも相手は左打者用に出てきた左腕の田口。それでも「バットに当てれば何かある、と思っている」という言葉通り、変化球に食…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]