池上彰の大岡山通信 若者たちへ(214)核廃絶 厳しい国際情勢 平和願う指導者の言葉は

2019/9/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

私は毎年8月、広島と長崎で「原爆の日」を取材し、地元のテレビ番組で話をします。原爆で犠牲になった人々、いまなお苦しんでいる人々の声をどう伝えていくか大きな課題なのです。今回は現地取材で見えてきたこと、考えたことについて取り上げます。

広島平和記念資料館(原爆資料館)の本館は今春、大規模改修が終わり、展示がリニューアルされました。原爆投下後の人々、写真、犠牲者の所持品などの展示を重視し、「何が起き…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]