日本に合う入試 現実的な議論を

2019/9/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

全米共通テストであるSATやACTの実施やエッセーの重視は、米国型大学入試の肝として、日本の改革の"お手本"とされてきた。ドイツの高大接続も、"学校教育複線化"の議論で必ず引き合いに出される。両国で新たな改革の流れが出てきたのは興味深…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]