/

この記事は会員限定です

欧米の大学入試改革 多様な志願者取り込む

国立情報学研究所准教授 船守美穂氏 共通試験は任意/高卒以外に門戸

[有料会員限定]

国立情報学研究所の船守美穂准教授によると、米国では全米共通テストの結果やエッセーの提出を必須としない大学入試が増え、ドイツでは高校卒業証明の「アビトゥア」を不問とする大学が現れるなど、多様な層を取り込むための入試改革が進んでいるという。

2020年度から日本の大学入試が変わる。大学入試センター試験が「大学入学共通テスト」に変わり、記述式問題と民間英語検定試験が導入されるが、実は入試改革は日本だけ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2039文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン