日立、AIでブランド侵害検出 ネット上の管理効率化

2019/9/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日立製作所は人工知能(AI)を使ってブランドの無許諾使用などを検出するサービスを10月1日から始める。インターネット上で、企業名やロゴが無断で使われるケースが増えていることに対応。ネット上のブランド侵害を検知し、契約企業に報告する。従来は人手に頼っていたブランド管理業務の効率化を狙う。

サービス名は「ブランドモニタリングサービス」。テキストや画像などの認識技術を使いネット上のブランド侵害コンテン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]