大機小機日本人の円高恐怖症

2019/9/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日銀は為替市場での円高進行を強く警戒する。1ドル=100円に接近すれば、追加緩和の引き金ともなり得るだろう。底流にあるのが、日本国民に長年染み付いた、過度な円高恐怖症だ。

日本企業の国際競争力を大まかに示す実質実効円レート指数で見ると、現在の水準は1973年の変動相場制移行後の平均値を3割程度も下回る大幅円安だ。しかし、国民はこんな指数などは見ない。名目ドル円レートで円の水準を判断するのである。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]