「IgG4関連疾患」に関連する2遺伝子解明

2019/9/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

■京都大学 松田文彦教授は千葉勉名誉教授、岡崎和一関西医科大学教授らと協力し難病「IgG4関連疾患」の関連遺伝子を2つ解明した。患者857人のゲノム(全遺伝情報)のSNP(一塩基多型)を網羅的に調べ、健常者と比べた。発症リスク予測や治療法開発などに役立てる。

IgG4関連疾患は膵臓(すいぞう)や胆管など体のあちこちに炎症が起き、しこりができる。別々の病気と考えられてきたが血液中の免…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]