高温ガス炉向け核燃料、実用レベルに

2019/9/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本原子力研究開発機構と原子燃料工業 安全性が高い次世代の原子炉とされる「高温ガス炉(HTGR)」向けに実用レベルの核燃料を開発した。高温ガス炉は核反応で化学的に安定な気体として知られるヘリウムをセ氏900度前後に熱して発電や水素製造などに使う。東京電力福島第1原発で起きた過酷事故が起きにくいとされる。

二酸化ウランをセラミックスなどで覆って直径約1ミリメートルの粒子状に加工した燃…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]