/

この記事は会員限定です

米民主、医療・貿易で舌戦 大統領選討論会

路線対立が先鋭化 バイデン氏、首位堅持/リベラル派2氏続く

[有料会員限定]

【ヒューストン=永沢毅】2020年11月の米大統領選に向けて野党・民主党は12日、候補者による3回目のテレビ討論会を南部テキサス州ヒューストンで開いた。参加した大統領候補は10人と前回から半減。争点の医療制度改革や貿易政策では党内の路線対立も先鋭化し、舌戦が激しさを増す。トランプ米大統領の打倒をめざす民主候補の指名争いは、世論調査で首位を走るバイデン前副大統領を軸に、本格的な選別の局面を迎えた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1191文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン