中国、大豆・豚肉も対米関税除外へ 協議前に歩み寄り

2019/9/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【北京=原田逸策】中国政府は報復関税を課している米国産品のうち、大豆や豚肉など一部農産品を対象から除外する。一定数量までは追加関税をかけない方向だ。11日に発表した潤滑油など16品目に続き、追加関税免除の第2弾となる。10月上旬の閣僚級貿易協議を控え、米中双方に歩み寄る動きが広がってきた。(関連記事総合2面に

国営新華社が伝えた。中国は2018~19年にかけて米国産の大豆に計…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]