「楽観バイアス」台風混乱招く
停電と鉄道の復旧見通し甘く 専門家「被害を過小評価」

2019/9/14付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

関東を直撃した台風15号は長期間にわたる大規模停電や鉄道の運休など各地に甚大な被害をもたらした。各インフラ事業者は被害が想定を大きく上回ったとして、当初発表した復旧時期の見通しを再三先延ばしにしたことで混乱に拍車がかかった。専門家は早期復旧への期待が高まる中で事業者側が「楽観主義バイアス」に陥った可能性を指摘している。(1面参照

9日に千葉県に上陸した台風15号は記録的暴風を伴って北上した。東…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]